圧着ハガキを利用する利点とは

顧客にダイレクトメールを送っている店舗も沢山あるでしょう。その際に使用される物としては一般的なハガキが主ですが、少し素材に拘って製作する事でより情報を詰め込む事ができたり、コストを下げる事が可能となります。そこでお勧めなのが圧着ハガキです。圧着ハガキとは特殊なのりを使用して密着させているハガキの事です。剥がしやすく、一度剥がしたら引っ付かないのが特徴で、二つ折と三つ折りタイプがあります。種類の選択により掲載情報量が2倍、3倍と増える事や顧客の機密性をしっかり守る役割、さらに開きたくなる、中身を見たくなると言う心理的効果も期待できるので通常のハガキより中身を見てくれる可能性が増えます。この圧着ハガキは専用業者から依頼する事が可能です。業者を選択する時は郵便法にも対応している業者であれば依頼と同時に発送も行ってくれるのでとても便利です。

圧着ハガキの作成はネットで注文する

圧着ハガキは普通のハガキと違い、二倍から三倍の情報量を載せて遅れます。そして、あまり日知の見られたくない内容を隠して送るという用途にも使えます。そして、インターネットで作製を代行しているところがあります。種類もいろいろとあり、V折、L折、Z折などがあります。その中から選んで作成します。自分が作ったデザインを送るその通りに印刷をしてすぐに発送できるように納品してくれます。そして、別料金になりますが、宛名書きも代行しているところが多く自分で書いたり宛名印刷をしたりする手間が省けます。スタンダードなV折型だと100枚で14000円前後で、1000部作っても16000円ほどなので大量に作ったほうがお得です。納期に関しては、早ければ三日から五日で、急いでいないのであれば八日から十日にしたほうが安く仕上げることができます。

圧着ハガキは、通常購入しない場合があります。

圧着ハガキは二つの面から剥がせるようになっています。表には、料金の支払いする感じになっていますが、裏には文字がいろんなことが掛かれている場合がありますし、支払が終了した時には、切り離せるようになっていますので素晴らしい感覚になっていることがあります。通常は購入することはないかもしれないですが一枚あたり印刷費を含めても安く仕入れることがあるかもしれないです。大量注文でしか購入出来ない所もありますので、注意しながら拝見することが必要になるかもしれないです。その場合は、1000枚以上からになりますので5万近くになることがあります。通常郵送で送られる場合しかないので、貴重な存在になるかもしれないです。料金以外に豊富に使われていることがあるかもしれないです。逆に必要ない物まで郵送される場合があるかもしれないです。